臭いから近寄りたくない!においのキツイ男はモテないどころか迷惑

今年も梅雨入りしましたが、

洗濯ものが乾かしにくいので不便で仕方ないですね。

 

生乾きの服のにおいは、対策しないと染みついてしまいます。

 

臭い男はモテないどころか迷惑です。

 

においに敏感である女性に嫌われる前に、

夏場は特にしっかりと、服のにおいに気をつける必要があります。

 

 汗をかいた臭い服は放置するとにおいが増える原因に

 

仕事から帰宅して汗を吸った服。

 

そのまま着ていると風邪を引く原因にもなりますし、

あせもが発生して肌が汚くなるだけでなく、服にニオイが染みつきます。

 

とりあえず、着替えるのはもちろんのこと。

 

洗濯機に放り込んでそのままにしていませんか?

 

その洗濯機の中で、

汗の染み込んだ服は雑菌をどんどん増やして臭さが倍増。

 

湿った汚れものが放置された洗濯機の洗濯槽では、

着実にカビが増殖していくという恐ろしい状況になるのですね。

 

洗濯すればOKだと思っていた服もニオイが十分に落ちなくなり、

カビが付着した状態で健康にも良くないという悪循環。

 

これは、どの家庭にもあることですが、

ニオイを漂わせてデートや仕事場に出向くのは迷惑になります。

 

洗濯ものは放置せず、すぐに洗うのが基本です。

 

洗濯機についてしまった洗濯槽のカビ汚れは、

専用の洗剤でキレイにクリーニングすることが可能です。

 

梅雨というこの時期は、

生乾きの服がなかなか乾かず、カビが増えやすいので

洗濯した後の服のニオイが気になる場合、検討すると良いかもしれません。

 

生乾きの臭いを防ぐ洗濯洗剤とは

 

洗濯用の洗剤にこだわっていますか?

 

洗剤なんて何でもいいよ、と思っている一人暮らしの男は、

服の臭いやダメージを甘く見ている恐れがあります。

 

色柄物と白いモノは別々で洗うのは基本ですが、

面倒くさいのは確かです(笑)

 

せめて色柄物の洗濯をする時は、

ダメージの少ない「エマール」や「アクロン」を使いたいです。

 

また、部屋干しという生乾きを防ぐためには、

部屋干し用の「アリエール」を選ぶのもアリです。

 

ニオイの汚れをしっかりと落とすために、

「ワイドハイター」もオススメですね。

 

「ワイドハイター」は、漂白剤なのですが、

酸素系の漂白剤なので色柄物にも優しいのです。

 

男30代の脂っぽい汗のニオイを落とすには、

必須のアイテムであることは間違いありません。

 

 生乾きで臭い、部屋干しによる服のにおいを防ぐには

 

梅雨時はジメジメと雨の日が続きます。

 

コインランドリーで乾燥機に放り込めばOKですが、

帰宅が遅い時間だと面倒になってしまうこともありますよね?

 

だからと言って、

汗をかいた服を放置すると臭くなるので洗濯することがオススメです。

 

洗濯した後は、すぐに洗濯機の中から洗濯ものを出しましょう。

 

せっかく洗ったのに洗濯機の中で生乾きの服を放置すると、

洗濯槽のカビや服に蓄積している雑菌が繁殖していきます。

 

それは、せっかく乾かしても臭いニオイが発生する原因になります。

 

部屋干し用の物干し台が無ければ、購入することをオススメします。

 

余ったハンガーを使って簡単に部屋干しすることができますので、

日照時間の少ない冬場でも重宝します。

 

 部屋干しで素早く乾かしたい時のコツ

 

部屋干しをする時に、テキトーに干していませんか?

 

干し方によっては、完全に乾くまでに1時間以上の差が出ることもあります。

 

洗濯ものは、吊り下げて乾かすと衣服によって長さが違いますよね。

 

タオルなど長さのあるものは、物干しの両サイド(端っこ)に干していきます。

 

シャツ、パンツ(下着)、靴下という短くなるように

長さのある洗濯ものから順番に中央に向かって干していきましょう。

 

そうすることで中央に空間が生まれるので、風通しが良くなります。

 

そこに向かって扇風機で風を送り込むことで、部屋干しが断然早く乾きます。

 

まとめ

 

たかが洗濯、されど洗濯です。

 

梅雨時は洗濯ものが溜まりがちですが、

工夫次第では部屋干しでもスッキリと干せることが分かると思います。

 

女性は男よりもニオイに敏感です。

 

ちょっと生乾きだけど着てしまえ!というのは、

風邪を引く原因になりますし、臭いと思われる原因です。

 

生乾きの服は着ないで潔く他の服を着ましょう。

 

今回の記事をまとめました。

 

・汗をかいた服は放置せずにすぐ洗濯しよう。

・洗濯洗剤は用途に合わせてこだわろう。

・洗濯したら洗濯機からすぐに取り出して干そう。

・部屋干しをするなら、長いものを両サイドに干す。

・扇風機を当ててなるべく早く乾かす。

 

自宅に乾燥機があれば心強いですが、

縦型洗濯機は気持ち程度にしか乾かなかったりします。

 

梅雨時は、部屋干しをしていると

部屋の湿度も急激に上がりますのでカビが心配です。

 

そこで、除湿機を併用するのも一つの方法です。

 

乾燥材を置いて対処するよりも、

やっぱり機械の力でグングン湿気を吸い取る方が効率良いです。

 

除湿機を選ぶなら、見た目もオシャレなこれがオススメです。