似合うファッションの見つけ方とは?センスの無いメンズを救済

自分に似合うファッションの見つけ方が分からないって、

服装選びに悩んだことってありますか?

 

私はたまに、

「服を買いに行くから付き添ってくれ。」と、

友人男性がぼやくので、一緒に買い物をすることがあります。

 

仕事場なら制服があったり、スーツを着たりするので、

ファッションで悩むことってあまり無いと思うんですよね。

 

でも、いざプライベートで女子と会う時なんかは、

センスの無いメンズはイメージダウンになってしまう恐れがある。

 

私の友人はセンスが無いことを自覚しているので、

まだマシなほうかもしれませんね。

 

その一方で私の会社の先輩は仕事もできて人気者ですが

「半袖シャツの下にロンT」という中学生みたいな服装で出勤します

 

そのため女性社員からの印象はイマイチなのでした。

 

ファッションは誰のためのもの?

 

服装など本人が気に入っていればそれで構わないだろ?

そのような乱暴なことを言う人もいますが。

 

ファッションとは自分が気に入っているかどうかは無関係の世界です。

 

極端に言えば

全裸で外に出たら警察に捕まりますので、

服装とは他人が見てどう思うか?という考え方で選ぶのが基本です。

 

恋愛もファッションも義務教育では教わりませんし、

興味のないまま一生を終える人もいます。

 

たまたまセンスが良くて、運が良くて恋愛に発展するとか

モテるための悩みが無く順風満帆ならそれで良し。

 

ファッションなんてどうでもいい、と思う人はさておき。

 

「モテる男になるために似合うファッションを見つけたい!」

という方に向けてNGな服選びを解説したいと思います。

 

NGポイントを知ることで、大きく外れることが無くなりますよ。

 

子供みたいな服装をいい大人がするな

 

世の中にはありとあらゆる服が溢れ返っていますよね。

 

そんな中から自分に似合うと思われるファッションを選んで着るなんて、

考えただけでも頭から煙が吹き出しそうだ!という私の友人がいます(笑)

 

他人の目を気にし過ぎるのは良くありませんが、

買い物をする時に避けた方が良いNGな服装は見分けたいものです。

 

以下は、子供みたいな服装の例です。

 

・プリントTシャツ

・良く分からない英語が書いてある。

・裏地に模様(チェック柄とか)がある。

・ポケットに刺繍がある。

・ポケットが多すぎる。

 

これらに該当する服を持っている場合は、

部屋着として自宅で活用したほうが良さそうです。

 

靴から順番に全身を見よう

 

「オシャレは足元から」なんて、よく言われることですが。

 

外出する時は、どの靴を履いて出かけるのか?

意識する事がないと、せっかくのファッションが台無しになります。

 

例えば、

足元がサンダルで靴下を履いて外に出る、

というのはサザエさんが洗濯物を干す時みたいな感じになりますよね。

 

全体的に見て、組み合わせ次第では

何かが一つでもマイナスだと他も台無しになってしまうわけです。

 

ジャージを着て金のネックレスをして、

腕には高級時計でセカンドバッグを抱えているオジサン。

 

ぜひとも近づきたくない感じですよね?

 

こういう、アクセサリーだけお金かけています!

という感じもダサくなるNGポイントです。

 

そのため、全身チェック可能な姿見を用意することをオススメします。

 

そのファッション、髪型で損していませんか?

 

そして最後に髪型です。

 

ファッションばっちりで素敵なのかも?

と思いきや髪型がダサいという人もいます。

 

「何がいけないの?」と思う方もいるかもしれませんが、

何となく「着せられている感じ」が漂ってしまうのです。

 

自分でチョイスしたファッションを着こなしている、

本当のオシャレさんではなく、誰かに選んでもらった服を着たモテない男。

 

そんな印象に思われてしまう心配があります。

 

髪型がダサいことで、服装の良さが活かされないわけです。

 

やはり、ファッションは全体像を見て整える必要があります。

 

髪型は床屋さんではなく、

美容室でカットとカラーをセットですることをオススメします。

 

ほんの少し茶髪にすることで、

眉毛が目立たないですし、頭のサイズが小さく見える効果があります。

 

まとめ

 

NGなファッションについてのお話をしました。

 

男は中身で勝負!というのは間違いありませんが、

中身を見てもらう前に興味が湧かないと女性も振り向きません。

 

ファッションをないがしろにする人や、

無頓着なままオヤジになっていく人もいます。

 

誰も指摘してくれないことですし、

指摘されてプンプン怒り出す人は残念な人ですよね。

 

今回お伝えしたいことをまとめました。

 

ファッションは他人が見て良し悪しを判断するもの。

子供みたいなダサい服装は卒業しましょう。

足元からファッション全体を確認しましょう。

髪型がダサいと違和感があって台無しになる。

 

実は、ファッションにはダサいブランドというものもあります。

 

いったいどんなブランドを着たらイケてないか?

ファッション雑誌を読んで流行を追えばOKかというと、

それも間違いなのです。

 

雑誌と言うのはアパレル会社が売りたい服を広告するためのものですから。

 

コーディネートはこういうプロのスタイリストに任せるのもアリです。